退職代行業者によってサービスに違いが出る?弁護士の有無が焦点になる理由

退職
この記事は
退職代行の使用を考えている
退職代行業社選びに悩んでいる
退職代行はどこを選べばいいのかわからない
退職代行の業者による違いに興味がある
良い退職代行業社を見つけたい
このようなことを悩んでいる人に特におすすめです。
この記事を読むことで、いい退職代行業社を選びたいというお悩みを解決する手助けになるはずです。
悩子
悩子

退職代行業者を選びたいと思っているんですけど、業者によって何が違うのでしょうか?

一勝
一勝

退職代行業者は概ね3つの分類に分けることができます。

今回は、退職代行業者には違いがあるの?という質問をいただいたので、それについての回答をさせていただきます。

あなたは退職代行業者には業者の形態によって出来るサービスの違いがあることをご存知でしょうか?
一般的には知られていませんが、実は、大きく分けて3種類の退職代行業者に分類することができるのです!

この記事では、退職代行業者の分類とできるサービスの違いについて解説しています。

この記事を最後まで読むことで、あなたが退職代行を選ぶ際の判断基準が明確になり、退職代行で失敗することはなくなるはずです。
是非最後まで読んで、素敵な退職を手にして下さいね!

退職代行会社で人気の大手4選!
この中から選べば退職代行サービスで失敗はありません!

おすすめ退職代行1位:退職代行ガーディアン

100%会社を辞められる
29,800円と業界の中で最安水準
労働者のために運営されている組織
【簡単/低価格/確実】を”唯一”合法的に可能
労働組合系の退職代行業者

おすすめ退職代行2位:退職代行サービスnext


弁護士が対応なのに30,000円の破格な料金設定
失敗したら全額返金保証
残業代請求、退職金請求、損害賠償請求への対応可能
弁護士事務所系の退職代行業者

おすすめ退職代行位:弁護士法人みやびの退職代行サービス
弁護士が対応!あなたに有利な退職ができる!
失敗する心配がない
残業代請求、退職金請求、損害賠償請求への対応可能
弁護士系の退職代行業者

おすすめ退職代行4位:退職代行ニコイチ

業界最安クラスの28,000円で退職可能
退職後の就職サポート付き
退職代行サービスを14年継続している安心できる実績
スピード感と料金を重視の退職代行サービス
一般的な退職代行専門業者

退職代行サービスとは何か?

本題に入る前に、まずは退職代行サービスはどのようなものか知っておくと、あなたの理解が高まるはずです。

退職代行サービスとは、会社をやめたいのにやめることができないと悩んでいるあなたの代わりに、会社に対して退職の意思を伝えたり、その他必要な手続きを行ってくれたりするサービスです。

退職代行サービスと一言にいっても、業者によって得意不得意があるのです。

退職代行サービスの違いは大きく分けて3種類

ここから本題に入っていきましょう。

退職代行サービスを提供している業者を分類すると、

退職代行業者の分類
・退職代行専門業者
・労働組合
・弁護士事務所

この3種類に分けられます。
3種類に分けられるといっても、前提として、退職の手続きをあなたの代わりにしてくれるという点はどれも共通しています。

この分類の一番の違いは、未払い賃金や残業代等の支払い請求などの交渉が可能かどうかです。

ただの退職代行業者は、未払い賃金等の交渉はできません
これは法律の中に弁護士法の第72条というものがあり、退職代行サービスは皮弁行為に該当します。
そのため、弁護士資格を持たない人または業者が報酬を得ることを目的とした仲介を禁止しているのです。

もし、退職の理由の中に賃金が未払いでなんとか取り返したい!と思うなら、未払い賃金請求等の交渉ができる労働組合や弁護士による退職代行サービスを利用するといいでしょう。

料金としては
一般の退職代行<労働組合<弁護士事務所というイメージです。

要するに、退職代行業者を選ぶ時のポイントは『給与や残業代の未払い』等の賃金交渉がある場合は労働組合系か弁護士系の退職代行業者。
それ以外は一般の退職代行業者を選ぶことがおすすめです!

退職代行業者によるサービスの詳しい違い

退職代行サービスの業者によるサービスの違いについてざっくりとイメージが出来たのではないでしょうか?
ここからは、退職代行業者が持つそれぞれの特徴についてさらに詳しく解説します!

退職代行業者のサービスの違い1:一般的な退職代行専用業者

退職代行サービスを提供する業者の中で最も多いのが一般的な退職代行専門業者です。

退職代行専門業者のサービスは主に以下の通りです。

退職代行業者が行う主なサービス
・退職の連絡
・その他会社を辞めるのに関わる手続き
・荷物の引き払い
・備品の返却

などをあなたのかわりに代行してくれます。

労働組合や弁護士事務所と比べ、 法律で制限されたサービス(未払い賃金の交渉など)を行うことはできないのが弱点です。
一方、労働組合や弁護士事務所の退職代行サービスに比べて、価格が安いことや柔軟な対応をしてくれることがメリットです。

中には24時間対応してくれる退職代行業者や転職支援も行ってくれる会社もあります。

ちなみに、一般的な退職代行専門の業者の中に顧問弁護士監修などと表記がある場合があります。

しかしこの表記は、退職代行の業務が適正に行われているかを指導をしてくれる顧問弁護士がいるだけで、弁護士が代行業務を行っているわけではないことに注意が必要です。

おすすめの退職代行専門業者はこちら!

退職代行ニコイチ

業界最安クラスの27,000円で退職可能
退職後の就職サポート付き
退職代行サービスを15年以上継続している安心できる実績
スピード感と料金を重視の退職代行サービス
一般的な退職代行専門業者

退職代行業者のサービスの違い2:労働組合系

労働組合は、一般企業と異なり団体交渉権を持つ法律で定められた組織です。
そのため、会社に対して交渉や請求行為ができることが最大の特徴となっています。

しかも、労働者の立場に近い退職代行業者であることから、専門性の高さや労働者であるあなたに寄り添ってくれることが多いです。

一般の退職代行業者と法律事務所の中間に位置する存在だと思うとわかりやすいと思います。
法律事務所の専門性を兼ね備えつつ、一般の退職代行業者のように比較的安いという、両方を持つので人気が高いです。

しかし、新興勢力ということもあり数が少ないのが難点です。

労働組合系のおすすめ退職代行業者はこちら!

退職代行ガーディアン

100%会社を辞められる
29,800円と業界の中で最安水準
労働者のために運営されている組織
【簡単/低価格/確実】に退職を合法的に可能となる業者
労働組合系の退職代行業者

退職代行業者のサービスの違い3:弁護士事務所

弁護士事務所は、労働問題の交渉等が可能です。
つまり、未払い賃金の交渉や残業代の請求をすることができる退職代行業者と言い換えることができます。

こういった交渉ができる分、退職代行費用は高額になる傾向があります。
しかし、費用が高額になっても未払いの証拠さえあれば、退職代行にかかった費用以上を回収できるはずです。

もし、弁護士系の退職代行を頼むのであれば

・給与明細
・タイムカードや出勤簿のコピー
・退社時間の記録や時計の写真
・トラブルの内容が記されたメール
・トラブルの会話の録音

などを取っておくとスムーズに話が運びやすくなります。

未払い賃金の交渉や有休休暇の未取得なども問題が発生している場合は、弁護士事務所の退職代行サービスを選ぶとあなたのためになるはずです!

おすすめの弁護士事務所の退職代行業者はこちら!

弁護士法人みやびの退職代行サービス

弁護士が対応!あなたに有利な退職ができる!
失敗する心配がない
残業代請求、退職金請求、損害賠償請求への対応可能
弁護士事務所系の退職代行業者

退職代行業者のサービスの違いまとめ

退職代行業者のサービスの違い
一般、労働組合、弁護士に分類
それぞれの特徴がある
未払い賃金のあるなしで選ぶサービスを変えるといい

いかがでしたか?
もしあなたが退職代行業者選びに迷っていたら未払い賃金の有無が焦点になります。
さまざまな退職代行業者があるので色々調べてみてください!
ちなみに、私がオススメするのは以下の3社です!
ここならあなたの望みを叶えてくれる退職代行業者に会えるはずです!

是非、有効活用してみてください!

退職後が不安なあなたへ

退職をしたら収入が不安…と考えて中々退職に踏み切れない場合があります。

そういう考えのあなたには会社に頼らない方法で稼ぐという選択肢を持ってみてはいかがでしょうか?

私の師匠が教えている副業の一つですが、隙間時間にスマホをいじるだけで、月5~10万円を稼ぎ続けられる副業があります。

実際に私自身もこの方法で生活費を稼がせてもらっています。

副業初心者でもできる簡単な副業ですので、仕事を辞めてもお金に困りたくないというあなたは以下の方法を試してみてくださいね!

詳しくは以下のリンクを参照して下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました